• 第66回ボートレースメモリアル 4日目

高橋大樹 激推し超イイ値!

磯部➅スーパーショット

73号機大胆調整で一変だ

何としてもベスト18入りを果たしたい磯部誠

バンカーからようやく“フェアウエー”へと乗せてきた。ゴルフが趣味の磯部。初日こそ大敗を喫してしまったが、2日目からの2走はともに2着。ただ3日目6Rでは、本紙・本間記者が▣に指名していたことを知って「スポニチさんすいませんでした」と、ペコリ。まだ戦いは終わっていない。今日は私の超イイ値に一役買ってもらおうではないか。

「今の仕上がりはギリギリの感じですね。もらった時より好きな感じにはなっているけど、これでは勝てんなって感じ。外枠2走が残っているので、乗り味とかは度外視して、思い切った調整をしてみますよ」

手にしている73号機は2連対率48%超え。尼崎↓蒲郡と連続優勝で乗り込んできた好調男が大胆な調整を施せば、化ける可能性は十分あるとみる。また、来月8日には自身30回目の誕生日を迎える。今シリーズが20代で出場するラストSGなのだ。

「あ、本当ですね。言われて気づきました。今年は地元(蒲郡)のチャレンジカップに出たい。フライングは切れないけど、賞金は積み重ねないといけないし、一走一走勝負します」

予選突破へは2走17点以上が必要となる。特に12Rは緑カポック。配当面の期待は大だ。さあ、スーパーショットを繰り出して“グリーン”まで持ってこい。

 

【高橋の買い目】5R、磯部はいずれダッシュから❹❷、❹❺、❹❻流し。12R、磯部が大外からスタートぶち込んで果敢に攻める。❻全全、20点だ。

<スポニチボート記者 高橋大樹>