消防士から転身「女版・西山貴浩を目指します!」

自ら進んで消防士のポーズをとる松本

 前職は消防士だ。福岡県の大牟田市消防本部に4年間勤務したが、ボートレース福岡で見た羽野直也のレースに“かっこいい”と感銘を受けた。「好きなことをして人生を終えたい」の思いから一念発起。4回目の受験でボートレーサー養成所に入所した。水で消火する側から、晴れて水上のレーサーとなった。

 

 デビューからもうすぐ1年。最近の癒やしはワンちゃん。イタリアングレーハウンドのオスのガブリエルちゃんだ。「まだ生後8カ月くらいで、飼い始めてから半年もたっていない。やんちゃで手はかかるけど、可愛くて仕方がない。ランニングにも付き合ってくれるし、減量友達です。ガブリエルちゃんにいい洋服を買ってあげたくて頑張っています」

 

 エンターテイナーの素質もたっぷり。「師匠は池永太さん、副師匠が西山貴浩さんです。強くなって、しゃべりもうまい、女版・西山貴浩を目指します!」と目を輝かせる。今回の写真も自ら進んでポージングしてくれた。強くなれば人気が爆発しそうだ。「お客さんに、この選手のレースは面白いな、賭けたいな、と思われるようなレーサーになりたい」。水陸両方で沸かせられるレーサーを目指して奮闘中だ。

松本 怜(まつもと・れい)

 1994年(平6)2月7日生まれ、福岡県北九州市出身の27歳。福岡支部。127期生として20年11月に若松でデビュー。1メートル58、47キロ、血液型AB。

 

2021年10月28日付スポニチ本紙より

※記載内容はスポニチ本紙掲載時のものです。