レディース

千広が勝負駆け

(4日目)

 

 ボートレース宮島の「レディースVSルーキーズバトル」は開催4日目の8日、予選最終日を迎える。注目の団体戦ポイント争いは大接戦で、3日目5勝のレディース(紅組)が巻き返しに成功。ルーキーズ(白組)に追いつき、12㌽対12㌽で同点となった。4日目の注目12Rは大山千広(25=福岡)が1号艇を手にした。イン鋭発からしっかりと押し切って3日目6、6着からの巻き返しを狙う。

 

 12R 大山は3日目まさかの6着2本。女子得点率も9位まで下がり、勝負駆けの立場になってしまった。必要得点は2走で17点。前半8Rの結果が気になるところだが、いずれにしてもイン先マイは譲れない。豪快に突き放すか。吉川が伸びを生かしたカド捲りで逆転を狙う。寺田は2コースから自在ハンドルで勝機をうかがう。1Mがもつれる形になれば上田が差す。

 

❶大山千広 前半が6着だったのでペラを叩いたけど、後半も下がってたし乗り心地も悪かったです。やり直します。

❷寺田千恵 ペラを叩き直して良くなってきました。あとは自分がスタートを行けるかどうか。

❸原加央理 後半はスタートで放ってしまって…。前半の足はいい感じで、回り足は良かったです。

❹吉川貴仁 後半はバランス型で合わせていきました。いい足してます。4枠でカドなら伸び仕様も考えるけど…。

❺上田龍星 レース間の特訓や展示では伸びる感じがあったけど、本番ではそうでもなかったですね。

❻高木圭大 バランスが取れてきて、しっかりと回れる感じになってました。前に進んでましたね。