レディース

地元海野の速攻

(初日)

 

今年のボートレース宮島のゴールデンウイークシリーズは「レディースVSルーキーズバトル」。女子とデビュー6年未満の若手男子による、熱く激しいバトルだ。通常の個人戦と男女対抗の団体戦が行われる。初日メインの12R「ドリーム戦」は好枠女子トリオの争いか。地元の海野ゆかり(47=広島)がイン有利に運びそうだ。エース機と噂される69号機は片岡大地が引き当てた。

 

12R 好枠の女子トリオが優位に運びそうだ。スタートがそろうとみて、海野がイン有利に押し切るとの見立て。前検気配は普通だったが地元での調整力は確か。足の上積みは期待していいだろう。先マイを決めて突き放す。前回の宮島では優勝した大山がフルターン強襲。田口の2コース自在戦も無視できない。カド位置の上田は一発の魅力を秘める。宮之原、井上はこの攻めを使ってのレースになるか。

 

❶海野ゆかり 起こしが鈍かったし、ボートがフラフラする感じもあった。走りだせば一緒くらいかな。インから行けるよう、しっかり合わせたい。

❷田口節子 直線は普通くらいだったがターンで滑っていた。これでは厳しい。ペラをやる。

❸大山千広 スタートがバラバラで比較は分からなかった。押している感じがなかったので、あまり良くはないかな。

❹上田龍星 班ではちょっといい方だった。エンジンは悪くないと思う。足合わせの感じは少し井上忠政選手が良かったかな。

❺宮之原輝紀 伸びはそうでもないがターン回りは良さそうな感じ。いいエンジンだし、このままで行けそう

❻井上忠政 回転が上がってる感じで出足、行き足がいい。(2連対率)44%の感じはある。