第7回ヤングダービー

(21日・5日目)

是石真紀 激推し 超イイ値

羽野 きっと優出

賞金アップへ優出を狙う羽野

 新型コロナに振り回されているうちに、いつの間にか季節がめぐっている。日が落ちるのが早くなり、あす22日は秋分の日。湖畔には秋風が吹くようになった。ボート界では、賞金争いの話題が始まる時期である。
 羽野はフライング休みが未消化。「このあと30日の休みで、残りは一般戦が1節(尼崎・10月24~29日)だけだから。ここしか勝負するところがない」。蒲郡SGチャレンジカップの選考期間は10月31日まで。19日現在、羽野の獲得賞金は3659万7000円で第39位(暫定)。昨年のボーダーを参考にすると、約4107万円。優出2着でこの数字を超える計算だ。
 デビュー3年6カ月目の、17年10月に大村周年でGⅠ初V。平成生まれ初のGⅠ覇者となった。この年の住之江賞金王シリーズでSG初出走。最優秀新人にも選ばれた。GⅠ優出は9回を数え、SG常連組の仲間入りを果たしつつある。今年6月の宮島SGグラチャンでは、SG初優出(6着)を決めている。
 今節はドリーム6着発進だったが、3日目後半と予選ラストで、鮮やかな差しハンドルを連発して勝利。得点率6・50で準優に乗り込む。「ある程度の感触はつかめました。気象条件が変わるので微調整で。スタートは、だいぶ放ってしまいました。質のいいスタートを行けてないので、気合を入れていきます」。チャレンジCの切符獲りへ、きっと優出を決めてくる。
 【是石の買い目】12Rは❹=❶、❹❷、❹❸流し。

スポニチ9月21日付