第67回ボートレースダービー

10月24日(5日目)

本間正則 激推し 超イイ値

絶好調男に乗っかれ

守田 出足自信あり

当大会2勝の守田がダービー男の神髄を見せる

9R

15年浜名湖の第62回ダービーでSG初制覇。18年蒲郡の65回大会も制した。過去10年で3回優勝している瓜生ともども“ダービー男”だが、いいことばかりではなかった。昨年の児島大会は2日目に落水。予選突破が絶望的になり、その際に両肩を負傷した。
「腱が切れた。手術したら半年、休まなきゃならない。賞金もあったから走ったけど…。痛いなりに、動かさなければならない部分は動くからそのまま」
今年最初の地元戦で優勝すると、2月後半の多摩川周年まで休養した。フルで走っていなくても今年は9V。直近6節は4Vだ。とてもケガをしているとは思えない好成績である。
「人生、帳尻が合うんですよ。休み明け直後は思わしくなかったけど、最近のリズムはすごくいい。山あり谷ありってやつ。今はいいリズムの最中だね」
今節は3着が4本。予選ラストの4日目6Rは、桐生との競り合いを制した。
「明らかに足の差で競り勝てた。乗り心地が良くて、トータルでは今節一番の感触。出足は自信がある」
40歳でSG初制覇。45歳になっても進化は止まらない。「体は下り坂。あちこち痛いし、反射神経も落ちている。でも、積み重ねてきた経験でカバーできているかな。レースで勝てばうれしい。応援してくれる奥さんや知人、ファンのためにもいいレースをしたい」。6号艇でも守田なら何かを巻き起こす。さあ、絶好調男に乗っかれ!

 

【本間の買い目】9R、❻から❶❷❸❹2、3着。