第67回ボートレースダービー

(初日)

ビッグ最前線

佐藤 前検トップタイム

前検トップタイムを叩き出した佐藤

 高橋記者がエース機と推す27号機はドリーム戦士の前本がゲット。58号機は福来、18号機は桑原が手にした。ドリーム1号艇に座る峰は前節Vの13号機。スタート特訓の前半終了時点でトップタイムだった。「でしょうね。(トップを)意識して乗った。意識できる感触」と高笑い。今年13V男は「勝負はここから」と油断もスキもない。今節も堂々と主役を務める。

 

 最終班で峰を逆転して前検1番時計を叩き出したのは佐藤。上位機の12号機が相棒で「力強い。少し伸びた」と好ムード。2回目のSGはF休み明けだが、大暴れが期待できそう。他では今垣が「いいエンジンの雰囲気がある」と好感触。6月の当地周年記念を制した井口もAランク機に「現時点では全体的にいい感じ」と合格点を付けた。

 

 地元勢では桑原だ。親指と人さし指で○(OKサイン)をつくった。「いいエンジンを引けた。思わず、“よっしゃ”と。特訓前に伸びを求めてペラを叩いた。いい雰囲気がある。試運転の感じをレースで出せたらいいなあ」。初の地元SGだった19年メモリアルは準優3着。2回目となる今回は、前回を上回る活躍しか見ていない。