第48回ボートレースオールスター

本間正則 激推し超イイ値!

(2日目)

 

 福岡県北九州市のボートレース若松のSG「第48回ボートレースオールスター」は仕切り直しの初日が行われた。12Rドリーム戦は1号艇の峰が逃げ切ってファン投票1位の期待に応えた。さあ2日目、本間記者の「超イイ値」は若松大好き男の田村隆信(43=徳島)を猛プッシュ。後半12Rで本紙・山口記者は若松SG連続Vを狙う絶好枠の毒島に◎。機力は劣勢ムードでも、ナイターキングが意地を示す。

12R

田村❸相棒51号機に手応え 若松大好き

SG初Ⅴなど若松は超抜群の相性を誇る田村

  若松に愛されている男が今回も大暴れの予感。ドル箱水面という言葉だけでは表現しきれないほど超抜群の相性なのだ。04年のオーシャンCでSG初優勝、18年11月のG166周年記念もエース機を味方にV。05年と17年のメモリアル、06年と18年のオーシャンCで優出歴があり、昨年12月のBBCトーナメントもファイナルに進出。ビッグレースでここまで存在感を示せる場は、なかなかない。
「若松さんには優遇してもらっているなあって感じます。結果を残しやすい。エンジンが出ているときもそうでないときも成績を残せていて、なんの不安もなくレースに臨めている」
そう感じるのも、これまでの好実績があるから。とにかく若松の女神に愛されている。今節もそう。相棒はCランクの51号機で、前検日は音や握り込みの甘さが気になると訴えていたが「気になっていた部分は整備で解消できた。上との差が分からないけど、自分の中では手応えがあって、前検日からしたら、グッと上積みできた。こういうのも相性がいいからなんでしょう」。いきなりのキャブ交換が実り、6号艇の初日1Rを3着。予選唯一の2走日に気分良く向かえる。昨年のメモリアル以来のSG出場で「遠ざかっていたけど、今回がなにかのきっかけになる開催だろうと思っている。あとは自分が結果を出すだけ」。中枠2走の2日目もハッスルだ。

 

【本間の買い目】

2Rは❹=❶、❹=❸流し。12Rは菊地の攻めに乗って鋭く突破。❸から❶❷❹❺の2、3着を。