第3回BBCトーナメント チョイ読みスポニチ!

神風となれ 仲谷❻

(3日目)

準々決勝でも3着 穴となった仲谷颯仁

 12R 

 1回戦、準々決勝同様に勝ち上がりは3着以内が条件。唯一違うのは、決勝は全員で枠番抽選を行う。準決は1着でも3着でも、決勝1号艇を引き当てる可能性は6分の1となる。

 

 外枠の選手は当然目の色が変わる。通常開催の2着権利ではなく、3着条件というのが大きい。1着を狙うも良し、レース足を武器に2、3着競りをしのぐ手もある。3着以内を狙ってあらゆる手段が使える。

 

 準々決勝12Rで、仲谷が3番手を逆転して勝ち上がりに成功。本人にとっても大きな3着だったし、取材陣からもどよめきが起こった。なぜなら、今節初めて6号艇の選手が勝ち上がったからだ。レース内容も劇的だった。大外から最内を突いたが、前方集団は遠く5番手争い。しかし、2Mをターンマークスレスレの絶妙なターンで一気に3番手まで浮上。この位置を最後まで守り抜いた。

 

 「6号艇から初めての勝ち上がりですか?ツイていました。足は特長がなく普通。乗りやすさはあるので微調整でいきます」

 

 今回引いた55号機は、9月のG3でも引いているが「前回乗ったときよりもいい」なら楽しみはある。第1回平和島の田村隆信、第2回若松の寺田祥はどちらも準決3着↓決勝1号艇から優勝して、この大会独特のルールの恩恵を受けた。まずは決勝進出を狙おう。そうすれば、ビクトリーロードが突然目の前に現れる可能性もある。

 

 【金田の買い目】峰には逆らえないのでヒモ穴で。❶❻…、❶…❻。