第3回BBCトーナメント チョイ読みスポニチ!

深川❺巧さばき抜け出す

(初日)

 何も怖くない

内に動くいつものスタイルで1回戦突破を狙う深川真二

狙うは10レース

 

 『貴方(あなた)はもう忘れたかしら』と問われても、決して忘れられることはないだろう。眼光鋭い勝負師の深川は、過去2回のSGを、どちらも1号艇以外で優勝。今年8月の尼崎MB大賞を制して、通算V回数は100を突破した。枠なり進入全盛の現代ボートレースで、かたくなにスロー進入にこだわって、しかも結果も出している個性派だ。
 今節は確たるエース機がない鳴門で唯一と言って良いほどの実績モーター、27号機を獲得した。9月に行われた68周年記念のV機(優勝は池田浩二)。近況も2回前に優出、前回は節間4勝と結果が出ている。
 「何か良さげな感じ。行き足的には重たいけど、そのわりにはスタートが届いていた。足合わせは瓜生君よりも強かった。100メートルから起こしても、持つ感じがした」
 前付け、深い進入が多くなるので、行き足が生命線になる。その足が来ているのであれば、枠番に関係なく楽しみいっぱい。しかも、今回の舞台は現在4節連続で優出している鳴門だ。
 この大会は2年ぶりの出場となる。平和島の第1回大会は2回戦で敗れたが、それ以外の3日間で1着を獲った。今回はまず優勝戦への勝ち上がりを狙う。出番は10R。前付けから巧さばきで抜け出して『何も怖くなかった』と振り返ることができれば最高だ。

 

 【金田の買い目】過去2回のSG優勝は、どちらも2コースからだった。2コースに入れば強い。10Rは❺❶、❺❷、❺❸流し。