SG第35回グランプリ

小西吾郎激推し超イイ値

(2日目)

お祭り男の血が騒ぐ 西山③

 

 

トライアル1st突破を狙う西山

豪快ツケマイで1st突破だ

3着好発進

 

【11R】

 空気が張り詰める頂上決戦でも艇界No・1エンターテイナーは変わらない。今回も西山節は健在だ。6号艇で臨んだ11Rは最終コーナーで瓜生を抜いて3着。着替えてピットに姿を現すと「ヨッシャー。いつも通りの3着ゲッツ」とワルそうな笑顔を見せた。
レースでもクセ者ぶりを存分に発揮。スタート展示から前付けで揺さぶりをかけ、本番では5コースを奪取。1Mでも内から握り返してきた岡崎を冷静にさばき、最内差しで2番手の瓜生に迫った。「2Mで2着を狙ったけどグランプリだったことを思い出した。でも僕の生きる道は道中しかない。最後は気持ち良かった」。欲を出したことで4番手に後退したが、会心の3周2M小回りで逆転に成功。枠番抽選でもチャンス十分の3号艇を引き当て、トライアル1st突破に向けて視界が広がった。
これが初のグランプリ参戦になるが、完全なリラックスムード。「6号艇スタートだったし、お客さんも少ないし、グランプリ感が全くない。若松のトーナメントが終わってから毎晩、嫁と飲んでいたので前検の体重も最近で一番重かったしね」。お祭り男にとって入場制限は寂しい限りだ。それでも水面に出れば勝負師のスイッチが入る。「勝とうが負けようがコースは譲らない。明日(16日)集中して2ndで散ってきます」。燃え尽きる覚悟で、1st2回戦に挑む。

 

【小西の買い目】西山には華麗な捲り差しより、豪快なツケマイが似合う。❸❷、❸❻、❸❹流し。