第31回グランドチャンピオン

(4日目)

 ボートレース児島のSG「第31回グランドチャンピオン」は、いよいよきょう4日目が予選最終日。SG連続Vを狙う峰竜太が、オール3連対の安定した走りで初日から得点率首位をキープしている。秋田記者の「超イイ値」は、ここ児島が準地元である山口剛(38=広島)を指名。同4位で峰を追う山口が12Rで直接対決に臨む。準優進出のベスト18入りへ、推定ボーダーは6・00となっている。

秋田麻由子 激推し超イイ値!

山口 うなる剛腕

準地元で準優好枠を狙う山口

仕上がり良し!水面相性良し!!

 12R 

 

 応援してくれる人が多い地元でのビッグレースは、やはり誰もが勝ちたいと思う舞台。今回の茅原や若松オールスターでの西山。お隣、広島支部の山口も、ホームプールである宮島で開催された昨年のグラチャンに出場できず悔しい思いをしていた。その思いをバネに、鳴門オーシャンカップで優出(4着)。今節の出場権をつかみ取った。

 3日目7Rのイン戦は、6枠の守田が5コーススローに入ったことで80メートルの深い起こし。「スタートは全く分からないで行った」と難しい進入になったが、それでもきっちり先マイを決めた。2連対率31%と数字は平凡な58号機だが、その動きは機歴以上。「チルトをマイナスにして、つながりが良くなった。伸び負けする感じはないし、試運転ではいいエンジンの篠崎仁とも直線は変わらない。最初の方は出足で負けていたけど、今は変わらないんじゃないかな」。納得の仕上がりになっている。

 児島は宮島に続いて多く走っている準地元。「児島は好き。相性がいい。今回も機歴は良くなかったが、不思議とエンジンが出る。結果が出ているので、これからもいいレースを続けていきたい」と意気込む。予選最終12Rは強力メンバーだが、10万舟が出た2日目6Rを筆頭に今節は3日目までで6枠が3勝、2着7回、3着5回と活躍が目立つ。準優好枠ゲットへ、山口に追い風が吹いている。

 

【秋田の買い目】 5R❸から❺❷❻の2、3着。12R❻全全。