第31回グランドチャンピオン

(2日目)

秋田麻由子 激推し超イイ値!

 11R 

佐藤〝地元〟で鬼退治 愛妻 土屋南は岡山支部

2日目は何が何でも巻き返さなければならない佐藤

 若松オールスターに続き初日に1号艇が回ってきた佐藤。逃げたオールスターの再現はならなかったが、それでも3着には踏みとどまった。1M4番手から前を走る上野を2M差しで捉えると、最後の直線では2着の瓜生にも迫っており足は良く見えた。

 

 「スタートを放った。放らなければ先に行けたと思う。道中は競る感じでターンマークをしっかり回れた。まだ1走で半信半疑。体感の部分で物足りなさはあるが、レースだけで言えば悲観はしていない」。レースに“タラレバ”は禁物だが、佐藤自身も手応えはあった。さらに初日は1走のみだったので調整時間はたっぷり。ペラ、ギアケース、キャブ洗浄とエンジンを点検。試運転後は「だいぶ良くなった。これをベースに行く」と笑顔を見せた。

 

 昨年10月に岡山支部の土屋南と結婚し、5月には男児が誕生。今回は佐藤にとっても第二の故郷となった岡山で臨む初めてのグラチャンだ。「応援してくれる地元の人がいる。児島は選手食堂のおかみさんが“行ってらっしゃい”って言ってくれるんです。そこも好き。だから1号艇で負けたのは悔しい。気を引き締めていく」。見守ってくれる妻と「自分にも奥さんにも似てて目力が強い。肝が据わってそう」と目尻を下げる愛息。もちろん、ここ岡山の地元の人やおかみさんも。たくさんの思いを力に変えて巻き返しに燃える。

 

 【秋田の買い目】2Rは❸から❶❹❻の2、3着。11Rは攻めて❻全全20点。