第26回オーシャンカップ

鳥飼祥平 激推し 超イイ値! 

(4日目)

 ボートレース芦屋のSG「第26回オーシャンカップ」は予選3日目が終了した。2日目終了時点で得点率トップにつけていた守田は3Rで4艇集団フライングの一端となり、戦線を離脱。5走オール2連対の浜野谷が首位に浮上した。さあ、予選ラストの4日目。準優ボーダーは5・80と想定。鳥飼記者の「超イイ値」は強伸び平本真之(37=愛知)をチョイス。バチッと仕上げて準優1号艇獲得へ突き進む。

12R 

平本❸ メイチ駆け

準優1枠はもちろん、予選トップ通過も視野に入る平本

 

 今節は紙面と並行して『スポニチボート』のツイッターアカウント(@sponichiboat)でもレース情報を更新している。2日目の段階で「伸び3強は松井、浜野谷、平本の3人」と名前を挙げたが、その見立てに間違いはないと自負している。いずれもパンチのある仕上がりで、コース不問で狙える好足。中でもさらに良くなりそうな伸びシロを感じる平本に食指が動く。

 3日目4Rは原田を内に入れての3カド戦を選択。展開も良かったが、スリットの行きっぷりは強烈で見た目にはインパクト十分。それでも平本は現状に満足していない。

 「パワーは感じるし、レース足はいいと思う。でも、一番大事なターン出口でもたつくのが気に入らない。ペラなのか、ニードルなのか…。何とか原因をつきとめたいですね」

 今年のSGは福岡クラシックから皆勤賞も、全て予選落ち。しかし今回はメーカー機を引き当て、なおかつG1初タイトルを手にした芦屋(12年2月の59周年)が舞台。目の奥は日増しに光が宿ってきた。

 「なかなかSGでこれだけのエンジンを引ける機会もないし、自分にとっては今年イチのチャンスかも。納得のいく状態に仕上げたいですね」

 3日目終了時点での得点率は3位タイ。準優1枠はもちろん、トップ通過も視野に入れて、メイチの勝負だ。

 

【鳥飼の買い目】

4R、大外強襲戦。❻=❶、❻=❸流し。

12R、急角度の捲り差しで馬場を撃破。❸から❹❶❺の2、3着。