第26回オーシャンカップ

鳥飼祥平 激推し 超イイ値! 

(3日目)

 ボートレース芦屋のSG「第26回オーシャンカップ」は予選2日目が終了。4Rで5コースからのシャープな捲り差しを届かせ、土つかずの2連勝とした守田が得点率トップに浮上した。好気配の浜野谷、馬場がその背中を追いかける構図だ。鳥飼記者の「超イイ値」は、試練の外枠2走を迎える秦英悟(35=大阪)に熱視線。評判機のパワーを引き出して、4日目の勝負駆けに望みをつなぐ。

8R 

秦 ❺ 今が買い時

余すことなくパワーを引き出して外枠2走を克服したい秦

 ピットに入る前は引き続き試運転の動きをチェックする“プール監視員”を続行中。初日の話で恐縮だが、スタート練習のうなるような動きをみて、思わず秦英悟の名前に丸印をつけた。2日目2Rは道中の大接戦をモノにしての3着。初日は仕掛け遅れて6着と見せ場なくレースが終わっただけに、引きずらずに流れを変えられたのは大きい。

 「どちらかといえば伸びがいいけど、ターン回りが上向いてきた。あとはもうひと足くれば。いいエンジンの感触はあるので、自分の調整次第ですね」

 昨年12月の平和島グランプリシリーズでSGデビュー。初出場ながら優勝戦まで進み注目を集めた。今年は児島グラチャン、オーシャンカップと出場、平和島ダービーも出場圏内につけている。SG定着へ、今が最大のチャンスであると同時に、正念場を迎えている。

 「気負っても仕方がないし、SGでもやることは一緒です。でも、SGは1走の重みが違う。スタートで遅れた初日みたいなミスをすれば一気にやられてしまう。当たって砕けろと言いたいけど、砕けないようにぶつかります(笑い)」

 3日目は試練の外枠2走になるが、アウト戦のさばきは若手時代から定評がある。本体のパワーを最大限に引き出せば突破は可能。全国のファンに“ハタ・エイゴ”の名前と顔を覚えていただこう。

 

【鳥飼の買い目】

前半1Rはカド豪快攻め。❹から❶❷❺の2、3着。

後半8Rは5コース捲り差し。❺=❶、❺❷流し。