SG第25回オーシャンカップ

(23日・3日目)

石丸秀典 激推し

山口 剛腕が斬る

納得の実戦足で唯一オール2連対を続行する山口剛

 

 軽快なレースっぷりが印象に残った。昨5Rの山口だ。3コースの石野が握って作った展開を見逃すことなく、5コースから下出と大山の間を鋭角ターンで割って追走の2着。2コース差しを決めた初日5Rに続き、オール2連対の好リズムを支えるのは、28号機が充実の仕上がりを誇っているからに他ならない。  

 好況の予兆は前検日からあった。「辻さん、寺田さんと合わせて出足、回り足が良かった」と早くも太鼓判を押す自慢の実戦足は、ここまで高値安定を崩していない。また、レース後には「伸びも峰選手と合わせて、そんなに変わらなかった」とストレートも上昇傾向。中堅以上はあると言って差し支えないだろう。3日目以降に向けては「微調整で行けそう」と大きな整備などは眼中になく、現状維持に集中する。

 先月のGⅠ67周年では、前検から思うような手応えを得られず「ヒドい。本体整備をする」と嘆くほどの機力不足に苦しめられ、初日の不良航法による減点10もダブルパンチとなって予選落ちを余儀なくされた。その分も…と意気込んで鳴門入りした山口の思いに応えてか、相棒は水準以上の動きを見せている。  今日の2走はSGで昨年3月のクラシック(戸田)以来となる“GoTo準優”へ大きく前進したい。

 

  【石丸の買い目】11Rは菊地次第で捲り、差しを使い分けて突破。❹全全に❸❹流しも少々。前半3Rは白井に連動して大外回避からの❻=❺、❻=❸流し。

 

スポニチ ボートレース担当記者 石丸秀典