第24回チャレンジカップ

大沢太久 激推し 超イイ値!

(3日目)

 ボートレース多摩川のSG「第24回チャレンジカップ」は2日目が終了。得点率1位は賞金ランキング30位の寺田祥。逆転でのグランプリ進出へ向け、好位置につけた。一方、大沢太久記者は同32位の山口剛(39=広島)に注目。狙うのはSGタイトルを引っ提げてのグランプリ出場。3日目6、12Rは気合全開の走りで連勝を決める。レディースチャレンジカップは寺田千恵が得点率争いをリード。

「そろそろタイトルが欲しい」山口 勝利に飢える

SGタイトルを引っ提げてグランプリ出場を狙う山口

6&12R 気合全開連勝狙う

 

 11年ぶりのグランプリ出場へ。多摩川で願いを成就させる。山口は賞金ランキング32位で今大会に出場。初戦を逃げて好スタートを切った。

 

 一転して2日目6Rは6号艇で5着。ピット離れ仕様にしたことで、舟足が下降した。肝心のピット離れでもコース奪取に失敗。これでは大敗も仕方ない。「朝、試運転したときは出足が凄く良かった。レース後、調整を戻して足合わせをした。そこでの伸びも悪くなかった」。エンジンは決して悪くない。

 

 優勝の2文字に飢えている。10月のSG平和島ダービーに出場。前検日の賞金ランキングはグランプリはおろか、チャレンジカップの出場ボーダーさえも下回る35位だった。結果、見事に今大会の切符をつかんだ。勝負の行方は最後までもつれた。2号艇の最終日11R。ここで3着以内に入ることが絶対条件だった。「こんなに緊張したのは1号艇だったオーシャンカップ準優(20年)以来」。重圧をはねのけ、インから押し切った。久しぶりに感じたヒリヒリした感覚。この経験が眠っていた闘争本能を呼び覚ました。SGは11年、G1は約3年、勝利の味を味わっていない。「そろそろタイトルが欲しい。今は結果に飢えている」と鼻息は荒い。SG制覇の栄光を手にし、暮れの大一番に名乗りを上げる。

 

 【大沢の買い目】6Rは捲り、捲り差し自在に突き抜ける。❹❷、❹❸流し。12Rはセンター勢の攻めに乗って、1Mを切り裂く。❺❶、❺❹流し。