大沢太久 激推し超イイ値

浜野谷❹魅せて勝つ

(5日目)

若さあふれるターンで西島打倒へ一直線の浜野谷

華麗なる男、無心で突破

【10R】

 

 目を疑う光景だった。浜野谷は4日目7Rに6号艇で出走。5号艇の上を鋭く捲り差し、上平と3番手を争った。ところが2Mで上平の強ツケマイを浴び、一気に6番手に後退。そのまま最下位でレースを終えた。今まで数々の華麗なターンでライバルを圧倒してきた浜野谷がまさか“斬られ役”になるとは。「2号艇(上平)が見えていなかった。音が聞こえて慌てて握ったけど、間に合わなかった」。唇をかんだ。予選は通過したものの、3日目終了時点の得点率4位タイから11位まで順位を下げた。
手痛い敗戦。ただ収穫もあった。「回転が足りていなかったと思う。それでスタートも遅れた。本体をオーバーホールしてみる。これで回転が上がってくれれば」。レース後は早速、エンジンと向き合う姿があった。さらに準優までにも時間はたっぷりある。連勝した初日の舟足を取り戻すことは可能だ。
 前節の大村ダイヤモンドCで約2年半ぶりのG1優勝を飾った。これで肩の荷が下りた。「G1を一つ勝ったからね。欲張らないよ。それに、ここでF(18年周年)を切ったのが、G1を勝った後だった。“今の俺ならできる”って思ってしまった」。力んでも好結果は出ない。天才型の浜野谷が言うとさらに説得力が増す。自然体の走りでベスト6に名乗りを上げる。

 

【大沢の買い目】準優10R。4コースカドから電光石火の捲り差しで突き抜ける。西島、飯島が相手。❹❶、❹❷流し。