大沢太久 激推し超イイ値

寺田❻ 笑顔を見せて

(2日目)

 

オープニングレースで見事に1着ゲットの寺田

【11R】

 

 オープニングからテラッチスマイルがはじけた。寺田が初日1Rをイン逃げで快勝した。この日は1回走り。「今日だけは舞い上がっていられる~」とジョークを飛ばしたが、勢いはまだまだ続くとみた。

 

 出番が早いということは当然、調整時間が限られる。納得のいかないまま初戦を迎える可能性もあった。だが寺田にその心配はなかった。「前操者の百武(翔)君のレースリプレーを見たら、良さそうな感じだった。ペラも1月に来た時にノートに書き残した形と似て、好きな感じだった。それで叩かずに行った」。レースに集中することを選択し、最高の結果を残した。

 

 2、3号艇がコンマ0台のスタートだったのに対し、自身はコンマ11。それでも伸び返して先行態勢を築き上げた。「遅れた瞬間は、やっちゃったと思ったけど、追いつきました」。見立て通りの軽快足。手の内に入れたペラとのタッグなら足落ちの心配はない。

 

 10年に下関で行われたレディースチャンピオンを優勝。水面実績も申し分ない。17年から始まったナイター開催も「夜型なのでナイターは好き」。当地への愛は増すばかりだ。

 

 夫の立間充宏と2年連続で出場。立間は通算1500勝にリーチをかけて今節に乗り込んだが、初日は5着。改めてメモリアル勝利を狙う。2日目はボート界随一のおしどり夫婦が話題を独占するかもしれない。

 

 【大沢の買い目】11Rはカド吉川の攻めに乗って抜け出す。❻=❹、❻=❶流し。