第10回クイーンズクライマックス
坂元真一 激推し超イイ値

(3日日)

   ボートレース福岡の「クイーンズクライマックス」トライアルが今日、スタートする。何よりの注目はエンジン抽選。鳥飼記者イチオシの14号機は守屋が手に入れた。田口の73号機、海野の21号機にも楽しみだ。11R◎の平高はまずまずの56号機。12R主役の遠藤も雰囲気は悪くなかった。ともに好発進を決めるか。超イイ値担当の坂本記者は12R3号艇の渡辺優美(29=福岡)に熱視線。地元水面なら遠藤を打ち負かせるぞ。

優美❸ 豪快ターン

「伸びシロしかありません」と強気に攻める渡辺

 12R 

 まだまだ進化は止まらない!渡辺優は前期勝率7・02を叩きだし、今年の優勝回数は4回とキャリアハイの活躍。初めてクイーンズクライマックスの舞台に乗り込んできた。
 「今年はこの舞台を目標にして、モチベーションを高くもって結果を残すことができた。初出場はいつもと違う感じで緊張しますね。ペラ調整はバランスが取れた出足型に仕上がっていました。“今節は集大成のペラで行く”と決めてきたし、大丈夫です」
 デビュー当時は体重管理に苦労していたが、豪快に握って攻める元気娘。今では断食道場に行ったのをきっかけにベストを着用するまでに体重が減った。今年9月からは本格的な肉体改造も始め、休みはほぼ京都のジムに通い、パフォーマンスの向上を目指している。
 私自身も師匠の植木通彦さんに“準備を万端にしてレース場に入りなさい”と言われたことを思い出す。普段の生活も、全てはレースでトップパフォーマンスを発揮するための準備に他ならない。
 「まだまだこれからだと思うし、伸びシロしかない。SGにも行ってみたいし、獲ってみたい。No・1になりたいです」
やれるだけの準備はしてきた。地元水面で集大成の走りを見せるだけ。まずは女子のNo・1を目指す。

 

【坂元の買い目】

12R、遠藤、田口相手でも引けはとらない。3コースから強気の攻めで突破を試みる。❸から❶❷❹の2、3着。